DynaMed 編集ガイドライン概要
DynaMed編集ガイドライン(2006.6)

<I N D E X >

DynaMedの読みやすさへの配慮

Write Without Using Sentences ; 簡潔で読みやすい文面
すばやく必要な情報を始めることができるのは、臨床現場においては特に重要です。 情報をコンパクトでよくまとめられた形式で提供するには、従来の文法的な書式とは異なったアプローチが必要となります。

  • 不要不急な単語の使用制限
    特に必要の無い"the"などの多用や、"example here"などの、内容を理解する上で不要な語句の使用を制限しています。

  • コンマやパラグラフの活用
    コンマやセミコロンは、異なった考察を切り離す時に使用します。
    より高いレベルの分離概念を必要とする場合、それぞれの新しい異なった考察を複数のパラグラフで使用し、字下げ(インデント)を使用します。

  • 分かりやすい文脈の構成
    文脈と特定の単語の配置を考慮し、あいまいさを最小にします。

DynaMed のサマリーは、文を使用することで書かれていません。 このことにより、限られたブラウザのスペースの中でも読みやすく、 ユーザー様が「必要な事実」だけを得るのに適しています。

Place Conclusion First ; 結論を先に述べる
DynaMed
のような情報媒体は、結論を先に持ってくることが望ましいと言えます。
ユーザー様が臨床上有用な情報を探す際、第一に:

 「この回答(結論)は自分の疑問を解決するのか?

という所に関心がおかれ、この欲求が満たされた段階で

 「この情報は信頼のおけるものか?
 「患者様に適用することは可能か?

という次の疑問を解決しようとします。
DynaMed は雑多な情報の中から有用な情報のみを提供する際、結論を先に述べることが重要であると考えます。

△Top


Level of Evidenceの設定基準

DynaMed は、2004年3月以降、主にTreatment項目に対してLevel of Evidence / Strength of Recommendationの割付を導入しております。
レベル割当ては、主にTreatmentの項目で必要とされていますが、Diagnosis、Prognosis、Prevention and Screeningの項目にも積極的に割付を行うように編集されております。

情報が患者志向の実験結果(patient-oriented outcomes)ではない、あるいは科学的な手法により実験が行われていない(症例研究や私見による)場合、その情報には 「level 3 (lacking direct) evidence」が割り当てられます。


Level 1 (likely reliable) evidence チェックリスト
 ● Treatment/Prevention/Screening項目(Intervensions)の場合:

  • Allocation concealment (or at least not report unconcealed allocation)
    (Concealment : 隠匿化)
  • Blinding if possible
    (Blinding : 盲検化)
  • Intention-To-Treat analysis
  • Adequate size (if statistically negative conclusion, confidence intervals must be narrow)
  • Adequate follow-up (typically 80%)
  • No other major flaws invalidating the trial


 ● prognosis項目(Cohort Studies)の場合:

  • Prospective follow-up
  • Representative sample at similar point in course of disease
  • Follow-up sufficiently long and complete
  • Systematic (unbiased) evaluation of outcomes
  • Adjustments for important confounding factors
  • Adequate size (if statistically negative conclusion, confidence intervals must be narrow)
  • No other major flaws invalidating the study


 ● Diagnosis項目(Diagnostic studies)の場合:

  • Independent comparison with reference standard (Gold standard)
  • Consistent use of reference standard
  • Determination of diagnostic test result blinded from reference standard result
  • Determination of reference standard result blinded form diagnostic test result
  • Patient sample includes spectrum of patients for whom testing would be used (i.e. not just testing the sickest patients with severe disease and the healthiest volunteers)
  • Adequate size (if statistically negative conclusion, confidence intervals must be narrow)
  • No other major flaws invalidating the study


 ● 的中率(Prediction)の基準について:

  • validation in a relevant population
  • Adequate size (if statistically negative conclusion, confidence intervals must be narrow)
  • No other major flaws invalidating the study>


 ● システマティックレビューについて:

  • The evidence summarized must meet level 1 (likely reliable) evidence criteria (a well-done systematic review can not change level 2 evidence into level 1 evidence)
  • Systematic search for relevant literature
  • Systematic selection of relevant literature based on explicit inclusion criteria
  • Assessment of validity of included evidence
  • Exclusion of statistical heterogeneity for data combined in meta-analysis
  • Use of meta-analysis only when data is appropriate to combine


Level of Evidence 振り分けフロー
Level1とLevel3基準に当てはまらない実験結果については、Level2が割り当てられます。
詳しい手順は、下図をご参照ください。


<クリックで別ウィンドウにて拡大表示>



Recommendations振り分け基準

  • Grade A recommendation(consistent high-quality evidence)
    少なくとも2つ以上のレベル1エビデンスを満足する内容の文献を元に評価されたもの

  • Grade C recommendation(lacking direct evidence)
    レベル3エビデンスに準拠する内容のもの

  • Grade B recommendation(lacking direct evidence)
    上記に当てはまらないRecommendationの全て

△Top


DynaMed 編集上のルール、表現方法など

How to Summarize the Conclusion ; 結論の表現について
個々のフレーズは、Level of Evidenceに基づいて語尾を断定的、若しくは間接的に表現します。(LoEが記述されていないものでも、文面から判断することもできるようにフレーズ方式をルール化しています。)

例)Level-based phrasing:

  • level 1 (likely reliable) evidence:断定的な表現を用います
    reduces, prevents, leads to, causes, increases, decreases, shown to...

  • level 2 (mid-level) evidence:間接的な表現を用います。必ずしも信頼のおける情報では
                          ないことを示唆します。
    may reduce, associated with, appears to...

  • level 3 (lacking direct) evidence:間接的な表現を用います。
    reported to...

Reference Citation ; 参照論文へのリンクについて
Journal name Year Month Day;Volume(Issue):first page PMID (if MEDLINE abstract available) URL (if free full-text available)


全文情報が無料で公開されていない場合はPubmedの抄録情報へリンク付けを行います。
「PMID」はPubMed内固有の文献IDナンバーです。

2006年12月4日現在DynaMed内リンク数一覧
DynaMed内リンク数 88,592
  PubMedへのリンク 41,447 約45%
www.AAFP.orgへのリンク 約8,000 約10%
www.guideline.govへのリンク 約4,000 約5%
Cochrane reviewsへのリンク 3,000以上 約3%
その他文献サービスなど - -

    ※  AAFP:American Academy of Family Physichans

Adding Links in DynaMed; 便利なソースへのリンクについて
DynaMed は数千もの有益な外部ソースへのリンク機能を持っています。 文献へのリンクは、抄録レベルのものから、全文情報を含んだものまで、全部で8万を超えるリンク付けを行っております。

全文情報を無料で公開している場合はそのURLに直接リンクさせ、抄録情報が利用可能である場合の多くはPubMedへリンクさせます。

PubMedのLinkOut機能を利用することで、所属機関が蔵書する電子ジャーナルへのアクセスが可能となります。この機能を活用することで、PubMed抄録情報から全文情報を引き出すことが可能となります。詳しくは、所属機関の司書・図書室などにお問い合わせください。


Special Features; DynaMed 特有の機能について
ユーザーがそのパラグラフを「読むに値するか」を素早く判断し目的の情報にいち早く到達できるように、DynaMed は先に結論、表題を掲げ、詳細は字下げ(Indent)で記述する方式をとっています。

また、その「結論、表題」の内容が一部のユーザーの興味を引くようなものである場合、通常は隠しておき、必要なときだけ表示されるような方式をとります。(▼ Click for Detailsとなっている箇所)

特定の情報が他の複数のトピックと関連している場合、その部分で新たにトピックを立ち上げるなどの考察がされます。 その場合、その情報を疾病トピックから抜き出し、新たに作成されたトピックへのリンクを配置します。 例えば、「Antidepressants」や「Topical Corticosteroids」は様々な病症に関連しています。そういった情報を独立したトピックとして切り離し、リンクを配置することで各情報との連携を図ります。

例) Atrial fibrillation(心房細動)の"Treatment"内、"Medications":

  • rate control
    • verapamil, diltiazem or beta blocker are drugs of first choice to slow ventricular response
    • digoxin is an alternative choice but does not control rate during exercise
    • amiodarone also slows rate in atrial fibrillation
    • see Rate control in atrial fibrillation for details
  • maintenance of sinus rhythm (rhythm control)
    • rhythm controls strategies NOT shown to be preferred approach in most patients
    • rhythm control should be considered for patients who return to atrial fibrillation after cardioversion and symptoms persist despite rate control
    • prior reasoning for rhythm control was that maintenance of sinus rhythm would avoid need for anticoagulation, but recent evidence shows that intermittent atrial fibrillation (and risk of stroke) still occurs on antiarrhythmic agents
    • see Maintenance of normal sinus rhythm for details

     ※青字下線箇所は他トピックへのリンクを表しています。

このような関連するトピックへのリンクはとても便利である為、以下のセクションにおいてはリンク付けを重点的に行っております。

  • ▼Causes and Risk Factors - Causes
  • ▼Complications and Associated Conditions - Complications
  • ▼Complications and Associated Conditions - Associated Conditions
  • ▼Diagnosis - Rule out

△Top


DynaMed Treatment Overviewの作成手順

Step 1
 全ての重要な情報は「Treatment」セクションに含まれれていること。
 全体の要約を「Treatment Overview」項目にまとめ、 「Treatment」セクション内の各項目は、下記を使用してまとめること。

  • Diet
  • Activity
  • Counseling
  • Medications
  • Surgery
  • Consultation and Referral
  • Other Management
  • Follow-up.

Step 2
 「Treatment」項目に含まれる情報は、下記を満足すること。

  • 下記の有用な情報が含まれていること:
    • シンプルな治療に対する医薬品の用途・使用方法
    • Patient-oriented Outcomeに焦点を置いた効能・絶対リスク減少(NNT値)
    • 副作用・相互作用
  • 情報は分かりやすい記事構成をとること(DynaMedトピックフォーマットに準拠)
  • 情報の参照元を明確にすること (citation following specific statements when supported by a specific citation, citation in General References Used if used for many specific statements).

Step 3
 「Treatment」セクションに含まれる各項目について:

  • 「Treatment Overview」項目で述べられている記述内容を保証すること
    (治療方法が一般的でない、若しくは効果の程が定かではない場合は、その限りではない)
  • 「Treatment Overview」項目において、必要に応じて治療の役割のポイント(効果や副作用など)や、医薬品の用途・使用方法等を分かりやすく1〜3行程度に要約すること
    この要約された情報は、「Treatment Overview」項目に記述すること

Step 4 
 「Treatment Overview」項目は、常に下記を満足すること:

  • 「Treatment Overview」項目は独立した治療法の要点として用いるに足りる内容であること
  • 「Treatment Overview」項目で述べられた治療法は、後に続く各項目のいづれかで詳細に述べられていること
  • 「Treatment Overview」項目は簡潔に、分かりやすくまとめること

Step 5

  • 「Treatment Overview」項目、及び後に続く各項目との間にリンクを確立し、ユーザーを素早く的確にエビデンスサマリーに導くこと
  • エビデンスレベルが付与されている情報である場合、「Treatment Overview」項目内でもレベルの付与を行うこと
  • 「Treatment Overview」項目、及び後に続く各項目の内容の透明性を確保すること
  • 上記が満たされない場合、改訂の対象とし、改善を図ること

△Top